デスパレートな母親たちにはまってしまいました。

遅まきながら『デスパレートな妻たち』にはまってしまいました。

日々こういうDVD鑑賞が楽しみで早起きしているくらいだ。

近郊の閑静な自宅通りで暮す夫人陣の、必ずしも閑静でないライフを描いたアメリカのドラマだ。

その中でもわたくしが好きなのはブリー・バンデ・カンプ。

思ってるのは私だけかもしれませんが、姓名の音声からして恋人の凛々しい人物にぴったりです。

家事を完璧にこなし、清潔感あふれる知的な体型。

一見するといわゆる良妻賢母なのですが、恋人の家庭は常に心配だらけだ。

最高すぎる母親に戦いしやり方の良いとはいえない子供達、秘密の嗜好から不義に走り回る旦那、旦那を殺そうとするボーイフレンド、不安の新旦那・・・。

大きな心配が多すぎるのに、表向きはにっこりと微笑み積み重ねるブリー。よく澄ましていられるなと、ここがイライラするほどだ。

も、こんな凛々しいブリーが好きなんです。

とはいえ、こういう自宅通りに住む妻達は皆不便続きだ。

それ警官に捕まるでしょ、何してるの警官!

なんて突っ込みたくなるケースが山ほどでて来る。

そういうケースも小気味よいことと映るぐらい、強く、茶目っ気ふんだんにな妻達のライフが心からてともカワイイドラマだ。

わたくしが見終えたのは時節3までだ。今後の展開を楽しみにちょっと鑑賞が続きます!ホワイトニングリフトケアジェル アマゾン

コメントは受け付けていません。